スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検索フォーム

カプサイシンとイソフラボンで育毛

カプサイシンイソフラボンを毎日摂ることでアンチエイジングに効果があるという報告があります。名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授によると唐辛子のカプサイシンや大豆のイソフラボンが、知覚神経を刺激して、インスリン様成長因子-1(IFG-1)産生を増加させることにより、育毛、および肌の老化防止作用に効果があるとしています。



実験では、カプサイシン6mg、イソフラボン75mgを薄毛や円形脱毛症の31人に5ヶ月間摂取してもらったところ20人に効果が認められたとしています。また、実験とは別に12歳の重度の円形脱毛症の男児に摂取をしてもらったところ明らかな効果を得ることができたとしています。



カプサイシンは胃や腸の知覚神経を刺激し、その刺激が脳に伝わることで全身の副交感神経を刺激します。イソフラボンは、知覚神経内のIFG-1を作らせるCGRPという物質を増やします。イソフラボンがCGRPを増やし、カプサイシンが副交感神経を刺激することでそれを放出させ、それによって毛根でIFG-1を増やすことができ、IFG-1が毛母細胞の成長を促し育毛効果を得ることが出来るとされています。



インスリン様成長因子-1(IFG-1)は、心身の成長や安定、機能向上に不可欠なものであると岡島教授は結論付けています。そして、和食の食材の多くに、この物質を増やすものがあるとしています。たとえば、のりに含まれるのりペプチド、納豆のポリアミン、卵のフォスファチジルコリン、ショウガのジンゲロンなどがあるとしています。




ところで、食品安全委員会では、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値を70~75mg/日としています。平均的な日本人(15歳以上)の大豆イソフラボン摂取量は一日当たり18mg(大豆イソフラボンアグリコン換算値)とされています。したがって、長期間継続的に摂取する場合は注意が必要です。



ただし、この値はイタリアでイソフラボンを150mg/日5年間摂取した例で健康被害が確認されたことで、その2分の1を上限と定めたようです。ですから、あまり厳格な意味を持つものではないようです。しかし、この実験では、子宮内膜増殖症の発症がみられたようですが、ほかには、乳がんなどが考えられるようですから過剰摂取には慎重になるほうがいいと思われます。

カプサイシン サプリ 最新一覧 By 楽天

tag : カプサイシン イソフラボン 育毛 美肌 アンチエイジング

検索フォーム

スポンサードリンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。