スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検索フォーム

カプサイシンとダイエット

カプサイシン(capsaicin)は、唐辛子の主成分の脂溶性アルカロイドでカプサイシノイド(capsaicinoido)と総称される化合物のひとつです。カプサイシンの生理作用は、中枢神経を刺激することにより副腎皮質からノルアドレナリンの分泌を促進します。ノルアドレナリンが脂肪燃焼リパーゼという脂肪燃焼ホルモンを活性化させ、脂肪燃焼させるためカプサイシンダイエットカロリーコントロールの効果を生み出すとされています。



カプサイシンは、褐色脂肪細胞という脂肪細胞にもかかわらずエネルギーを消費して熱を産生する機能が発達している脂肪細胞において交感神経の持続的な活性化を引き起こすことでエネルギーの消費を促すとしています。



褐色脂肪細胞は、首、腋の下、肩甲骨周囲、心臓・腎臓周囲の限られた部位に存在し、エネルギーを消費して熱を産生することで体温を維持することに大きな働きをすると考えられています。さらに褐色脂肪細胞は、活性化されると脂肪燃焼リパーゼの生産を活発にすることが広く知られています。



この脂肪燃焼リパーゼが血流に乗って白色脂肪細胞に届けられ、そこに蓄えられている脂肪から遊離脂肪酸が作られ、血液内に放出されます。白色脂肪細胞は全身のあらゆるところにあり、特に皮下脂肪(下腹部、お尻、太もも、上腕に多い)、と内臓脂肪(内臓周囲)に分けられます。カプサイシンを摂ることで血液内の遊離脂肪酸が増加することは確認されています。この遊離脂肪酸が全身を巡り筋肉などに運ばれてエネルギーとして使われます。



カプサイシンはこのようにエネルギー代謝を活発化し、体脂肪の分解を促進する働きがあります。また、血行促進効果によって、冷え性や肩こりにも効果があるほか、胃液の分泌を調整するため胃潰瘍にも効果があると言われています。

カプサイシン サプリ 最新一覧 By 楽天

tag : カプサイシン ダイエット

検索フォーム

スポンサードリンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。